草の根無償「センスンテペケ市エル・ティアンゲ地区交番建設計画」竣工式

9月6日、田良原大使は、カバニャス県の「センスンテペケ市エル・ティアンゲ地区交番建設計画」の竣工式にオルティス副大統領、ボニヤ市長およびコット国家文民警察長官と共に出席し、挨拶、記念碑除幕、記念植樹等を行いました。式典には、地域住民および警察官約250人も参加しました。

本計画は、草の根・人間の安全保障無償資金協力を通じた総額約8.5万米ドルの支援で、センスンテペケ市に地域警察の活動拠点として交番の建設を行いました。本計画実施により、治安が改善し、住民約1万5千人の受益が期待されます。

 

(中央)オルティス副大統領、
(中央左)ボニヤ市長、
(左)コット長官

   

 

(受益者の声)
2009年より日本政府は我々センスンテペケ市のために複数のプロジェクトを実施し、住民の生活環境を改善してきました。本計画の実施により、市民に一層より良い安全な環境を与える事ができ大変嬉しく思います。日本政府には大変心より感謝申し上げます。有難う御座いました。
(センスンテペケ市役所 エドガル・ボニヤ市長)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MOFA MOFA
Jica informacion
ORR
ORR ORR
img
img img
img  



img

img

img

 


Copyright (C) Embassy of Japan in El Salvador
法的事項 / アクセシビリティについて / プライバシーポリシー