草の根無償「ソンソナテ市ミサン・クリストバル地区初等学校整備計画」竣工式

 6月21日、川真田公使参事官は、ソンソナテ市ミラバジェス村のサン・クリストバル地区初等学校改築計画の竣工式にホセ・ロベルト・アキノ市長とともに出席し、記念碑序幕等を行いました。式典には、児童・生徒及び地域住民約300人も参加しました。

 本計画は、草の根・人間の安全保障無償資金協力を通じた総額約8万5千米ドルの支援で、同校の教育環境を改善し、基礎教育の質を向上させるため、校舎1棟の改築及び厨房・倉庫の改修を行いました。本計画実施により、250名の児童・生徒及び教員9名の学校生活の質が改善されました。

 

(中央左:サンドバル校長、 中央右:アキノ市長)

 

 

 (受益者の声)
我が校は18年前に開校し、当時生徒らは学習机等がなかった為、石やミルクの缶に座りながら授業を受けていました。それから学校の環境は少しずつ改善し、今回のプロジェクトを通して適切な教育環境が整いました。日本の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
エメリタ・サンドバルさん(サン・クリストバル地区初等学校校長)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MOFA MOFA
Jica informacion
ORR
ORR ORR
img
img img
img  



img

img

img

 


Copyright (C) Embassy of Japan in El Salvador
法的事項 / アクセシビリティについて / プライバシーポリシー