日本国国旗

在エルサルバドル日本国大使館

Embajada de Japón en El Salvador

文字サイズ変更

エルサルバドル鉄道の歴史 

当国では1882328日、英国から最初の機関車が導入され64日にZaldivar大統領によりSonsonateAcajutla港の間の運行サービスが開始された。機関車は2台でアメリカタイプ、一等車両一つ、ゴンドラ車両一つ、14の小さな車両とレール運搬車両一つの構成。修理工場はSonsonate市に設置された。

1882731日に建設が承認されたSonsonate-Sitio del Nino-Santa Ana1894314日に設置されたSan Salvador-Santa Ana線が当初の二つの路線であった。

その後San Salvador-Sonsonate-Santa Anaが開通し、189412月に設立されたThe Salvador Railway Company LTDにこの運営が譲渡された。1912820日までには東部のPuerto de Cutuco-San Miguelが設置され、192051日にはSan Salvadorまで接続された。

 

The Salvador Railway Company LTDによる車両、機関車保全契約不履行もあり運航サービスが悪化、エルサルバドル政府はサービス管理に介入し1962年にConsejo de Administracion del Ferrocarril de El Salvadorを設置し英国会社を国有化した。1965年に港湾管理局CEPAが設置され鉄道管理も担当となった。1975年にFerrocarril de El Salvador(FES), Ferrocarril Nacional de El Salvador(FENASAL), International Railways of Central America(IRCA)が統合されFerrocarriles Nacionales de El Salvador(FENADESAL)が出来た。IRCAは米国の鉄道会社でLa Unionからグアテマラ国境まで運行していたが1974103日に国有化された。

 

全路線は600kmとなり全国の半分を網羅し、鉄道は港からの輸出入貨物運搬を中心に運営されていた。機関車近代化投資不足、内戦による線路、機関車、車両、橋の破壊、道路輸送の活発化もあり、2002年に鉄道の運行は停止され、貨物の鉄道輸送が衰退した。主な貨物は燃料、セメントであった。但し、200710月から2012820日までFENADESALの駅間においてSan Salvador東駅-Apopaの間は運行されていたが2012年に全路線運行が停止され鉄道輸送は歴史を閉じた。